さんわ182ステーション
神石高原からの贈り物発売中
第3弾は特産加工品詰め合わせ

2020年05月20日号

JINプレミアム商品中心に10品

 ㈲さんわ182ステーション(広島県神石高原町坂瀬川5146-2、森重純也社長=同町副町長、電0847・85・2550)が運営する道の駅「さんわ182ステーション」はこのほど、「神石高原町道の駅からの贈り物」第3弾として同町の特産加工品詰め合わせの通信発売(限定50個)を始めた。価格は6千円(税込、以下同)。野菜の詰め合わせセット(3千円、限定50個)もある。いずれも送料は同町負担で、申し込みは電話かHPで受け付ける(売り切れ次第終了)。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン