「福山空襲・被爆体験を聞く会」
創価学会福山文化会館で開催
講師は福山市立大の大庭准教授

2020年08月10日号

 第9回「福山空襲・被爆体験を聞く会」が8月2日に創価学会福山文化会館(福山市水呑町620、電084・956・2411)で開かれ、約100人が参加し、福山市立大学教育学部の大庭三枝・准教授の講演「被爆者・戦争体験者から渡されたバトン」を熱心に聞いた=写真。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン