福山通運
「2020運賃」の適用開始
複数ある路線運賃を一本化

2020年09月10日号

ドライバーの処遇改善も

福山通運本社

 運送事業大手の福山通運㈱(福山市東深津町4―20―1、小丸成洋社長、電084・924・2000)とグループ32社は、積み合わせ(特積み)運賃を改定するため8月19日、中国運輸局・広島運輸支局に、20日には全国の運輸局・支局に新運賃の届け出を行い、「2020運賃」の適用を開始した。物流サービスの運賃を「小口」「特積み」「宅配」の3種類に集約する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン