備後福山ブルーイングカレッジ
福山バラ酵母使ったビール
12/10には完成の見込み

2020年11月20日号

福山大発の技術が広がり

福山バラ酵母を手渡す福山大の久冨教授=左=とビール醸造家の小畑代表

 地ビール製造などの「備後福山ブルーイングカレッジ」(福山市伏見町3―16、小畑昌司代表、電080・3534・8293)は福山バラ酵母を使ったクラフトビール造りに着手する。計画では12月10日〔木〕には香りの良いエールタイプのビールが完成する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン