漢方大好き!薬膳薬局
ウイルス対策の相談増える
免疫力の向上で対策

2020年11月20日号

インフルとの同時流行懸念で

漢方薬の板藍根、金銀花、紅豆杉などを紹介する久冨社長

   「漢方大好き!薬膳薬局」(福山市延広町6―25)運営の㈱漢方大好き・薬膳薬局(同所、久冨寿美子社長、電084・928・0655)は、新型コロナウイルスとインフルエンザの同時流行が懸念される中、対策を促す漢方処方の引き合いが増えているという。食事含めた規則正しい生活の指導や免疫力の向上。また抗ウイルス効果が高い漢方薬の処方などで対応する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン