倉田米穀
精米HACCPを取得
医療関係など販路拡大に

2021年01月10日号

県内で3番目の認証

認証を受けた工場

倉田社長

 米穀卸売の倉田米穀㈱(福山市引野町2―19―23、倉田貴社長、電084・941・8456)は食品衛生の国際基準に基づいた工程管理システム「精米HACCP」を取得した。広島県内の米穀事業者では3社目。認証を武器に医療関係など新たな販路の開拓も急ぐ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン