新市和田歯科
院内CAD/CAM室に新型機
歯科技工所用ミリングマシン

2021年01月10日号

24h自動で保険適応素材も加工

 新市和田歯科医院(福山市新市町新市695-2、和田 勝院長、和田圭祐副院長、電0847・52・6480)は院内加工室「福山先端デジタルデンティストリーCAD/CAMセンター」へこのほど、最新型の歯科用大型ミリングマシンを導入。4年前に導入した機種の上位機種であり、24時間全自動で様々な素材の人工歯や補綴物を作ることができる。2020年9月より保険適用可能な範囲が広がったこともあり、和田院長(79)が理想として掲げている〝安心安全な歯科技工物のデジタルシステム化〟を本格化した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン