神龍味噌
若手経営者夫婦へ事業継承
手作り糀など伝統製法引き継ぐ

2021年01月10日号

エブリイで完全無添加の特製品

門田夫妻と中平さん〔右〕

 戦後すぐの1948年創業の神龍味噌(広島県神石高原町油木甲3282―2、門田茜代表、電0847・82・0637)はこのほど、2代目代表の中平道正さん(75)から門田茜さん(26)へ事業継承が行われた。夫である英章さん(42)とともに杜氏としても活動し、伝統の味を守り、引き継いでいく。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン