創和会重井薬用植物園
ヒメナズナの生育を発見
しげい病院南側屋上に

2016年04月10日号

医療法人創和会しげい病院(倉敷市幸町2―30、重井文博理事長・院長)の重井薬用植物園(片岡博行園長、電086・423・2396)は同病院南側屋上に、帰化植物ヒメナズナの生育=写真=を県内で初めて確認した、と発表した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン