知的資産経営支援センター岡山
山田方谷に関連する書籍
「山田方谷の残した知的資産」

2016年07月10日号

県内の行政書士20人で構成

県内の行政書士20人でなる地域活性化目的の任意団体「知的資産経営支援センター岡山」(事務局=倉敷市中島2258―2、下村幸喜会長=友愛行政法務事務所代表、電086・441・1135)は幕末の備中松山藩(現・高梁市)の幕政改革で手腕を発揮した山田方谷(1805―77年)を分析した書籍「山田方谷の残した知的資産」=写真=を発刊、販売を始めた。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン