ピープルソフトウェア
東京五輪向けの受注促進に
富士通と協力推進に

2017年11月20日号

会津若松市でアプリ発表

ソフトウェア開発のピープルソフトウェア㈱(倉敷市阿知1―7―2、木暮知彦社長、電086・426・5930)はビーコンを利用し、スタンプ獲得ができる販促アプリ含めた自社商材の活用提案を進める考えだ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン