イトーヨーカドー
解体跡地に岡山一の高層ビル

2018年03月10日号

 旧イトーヨーカドー岡山店の建物の取り壊し工事が始まった=写真。1998年のオープン以来中国地方の旗艦店として18年間営業していた同店は売り上げ不振により昨年2月に閉店。施設の実質上の所有者である両備グループは閉店後約10ヵ月が経過した昨年末に跡地の再開発計画を発表した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン