中国銀行
保育事業応援融資制度
第1号にマルゴ青果

2018年04月01日号

 ㈱中国銀行(岡山市北区丸の内1―15―20、宮長雅人頭取、電086・223・3111)は、女性活躍社会の実現などに向け、待機児童の解消に寄与できる「ちゅうぎん保育事業応援融資制度『愛育(あいく)』」を設けているが、このほど第1号としてマルゴ青果㈱(同市南区市場1―1、石村武夫社長)の企業主導型保育事業である「第2せいな保育園」(同市中区江並76―6)の開設に対し、支援を行った。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン