MASC
ドローン事業を具体化に
21年には宇宙ビジネスを

2018年07月10日号

MASCのメンバー

 倉敷市内の企業経営者らが同市水島地区に航空宇宙産業クラスターを形成する目的の研究会「岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスターの実現に向けた研究会」(略称MASC、倉敷市中央2―13―3、桐野宏司理事長、電086・527・6268)は航空機やドローン、人工衛星・ロケット、NEW宇宙ビジネス探査の部会を設け、倉敷市や商工会議所などとの連携も視野に入れ、活動を推進させる考えだ。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン