吉備中央町とNPO、岡山理大
大学生が引退馬で地域興し
産官学連携の取り組み開始

2018年09月20日号

協定締結式で調印証を手にする山本町長=中央、西崎理事長=左=と柳澤学長

 NPO法人吉備高原サラブリトレーニング(加賀郡吉備中央町上田西、西崎純郎理事長)と岡山理科大学(岡山市北区、柳澤康信学長)と吉備中央町(山本雅則町長)の3者は連携し引退した競走馬を活用し岡山理科大学経営学部の学生が地域興しの課題を解決する産官学の取り組みを始める。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン