日本公庫と備前信金
創業時の協調融資開始
両者のノウハウを共有  

2018年10月10日号

審査の一本化など利便性も

覚書証を交わす嘉数備前信用金庫常務=右=と日本公庫岡山支店の風早国民生活事業統括

 ㈱日本政策金融公庫(本部=東京都)と備前信用金庫(備前市伊部1660―7、高森謙二郎理事長)は連携し創業者向け融資サービスを始めた。備前市や瀬戸内市など4市1町をエリアとする地域金融機関が日本公庫が持つ創業者支援ノウハウを取り込む。備前信金は創業者支援で地域に活力を生み出す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン