内海工業
社員の勤務意欲が向上
カードケースを製品化

2018年11月10日号

若手中心にチーム結成

クラウドファンディングに出品したカードケース

 自動車部品製造の内海工業㈱(倉敷市南畝5―14―21、福井崇洋社長、電086・455・8300)は㈱バイストン(倉敷市)のブランド「倉敷帆布」とコラボしたカードケースを開発した。オリジナル商材開発プロジェクトを立ち上げ、プロトタイプをクラウドファンディングで売り出した。三菱自動車工業向けの部品製造を主力とし新商材開発チーム結成で会社のコミュニケーションが円滑化。一連の取り組みを通じ社内体制を強める。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン