倉敷市
21日、倉敷商議所で発表会
市内3社が学生5人受け入れ

2018年11月20日号

キッカワではインターン生が経営陣にコミュニケーション促進策を提案した

 倉敷市(伊東香織市長)は実践型インターンシップを実施し、市内の3社が関東や四国地区の学生を受け入れた。参加したのは㈱キッカワと㈱クラビズ、㈱イシダ工務店で、1ヶ月間と比較的長期の就労体験を通じ、各社が掲げた事業を具体化した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン