大紀産業
電気式乾燥機の輸出積極化
JICA通じスーダンに 

2018年12月20日号

今期は5億8千万円と増収見込み

スーダンで電気式食品乾燥機乾燥でできたタマネギと安原社長

 食品乾燥機メーカーの大紀産業㈱(岡山市北区清心町3―3、安原宗一郎社長、電086・252・1178)は電気式食品乾燥機の輸出を積極化する。北アフリカのスーダンに向け、来年2月、新開発の240kg対応の食品乾燥機を輸出開始。これをきっかけに製品力のアピールを薦め、既存売上高の2割を占める輸出を3年後に3割に増やす。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン