天満屋
190周年記念したウイスキー
29年の200周年まで醸造  

2019年01月01日号

宮下酒造が製造

岡山市中区の宮下酒造のウイスキー醸造所

 ㈱天満屋(岡山市北区表町2―1―1、江國成基社長、電086・231・7690)は19年1月の創業190周年を記念し、岡山県産大麦を使ったオリジナルウイスキーの製造に乗り出した。製造はウイスキー「岡山」の本格投入を計画する宮下酒造㈱(同市中区西川原184、宮下附一竜社長、電086・272・5594)が担当。岡山の名門企業のプレミアム商品として期待がかかる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン