うどん「しょうが屋」
開業20周年迎える

2019年01月01日号

 NPO法人ホープ就労・生活支援センターが運営するうどん店「しょうが屋」(岡山市北区大供1―2―25、電086・224・7576)が開業20周年を迎えた。就労継続支援A型事業で、うどん作りから接客までほとんどの作業を障がい者が行う。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン