笠岡市
旧粗飼料基地の活用案
トマトなどの観光農園に

2020年04月01日号

 笠岡市は、笠岡湾干拓地北側エリアにある「旧笠岡湾干拓粗飼料生産供給基地」(同市平成町)と「水と緑のふれあい広場」(同)の運営事業者をプロポーザル方式で公募し、観光農園としての活用を提案する半導体洗浄機メーカーの㈱ジェイ・イー・ティ(岡山県里庄町新庄6078、房野正幸社長)と交渉を進めている。4月中に正式契約を交わす見込みで、2022年3月末までのオープンを目指している。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン