瀬戸内エンジニアリング
水島臨海鉄道から認定品に
50周年企画の「みずりん最中」

2020年06月20日号

6月中旬に第2工場竣工

水島臨海鉄道からの認定証とみずりん最中を持つ小出博之常務

   機械、プラント設備、土木建築、電気、情報システムなど総合設計企業の瀬戸内エンジニアリング㈱(倉敷市水島西栄町8―4、桐野宏司会長、丸山武司社長、電086・448・6078)は製菓部門の「嶋屋製菓栄堂」(同市水島西栄町)で水島臨海鉄道㈱(同市水島東栄町、伊東香織社長)の列車をモチーフとするなどした最中菓子「みずりん最中」を開発、同鉄道から認定品に選ばれた。また製菓部門の引き合い増加を受け、6月中旬をメドに餅製造の第二工場を同市水島東常盤町の水島商店街に開設する。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン