シバセ工業
運送業向けストロー好調
コロナ禍で耳鼻科向けも

2020年07月01日号

わらおストローにリブランド化

アルコール検知器用に差し込み使うストロー

ストロー製造のシバセ工業㈱(浅口市鴨方町六条院中3037、磯田拓也社長、電0865・44・2215)は新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、運送業が用いるアルコール検知器用のストローの受注が拡大している。ほかに耳鼻科で利用される鼻用の薬剤噴霧器のカバーも3月以降、毎月1万5千個の販売と好調。コロナ禍での外出自粛などで主力の飲料向けストローは5月、前年比7割減となっており、用途開発した商材で代わりに売上げを獲得している。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン