萩原工業
生産ロスをトートバッグに
ブリッジセトウチの活動開始

2020年07月20日号

売上げの一部でNPOの活動支援

トートバッグを持つ萩原工業の浅野社長とBRIDGEKUMAMOTOの佐藤かつあき代表理事

 合成樹脂製品製造の萩原工業㈱(倉敷市水島中通1―4、浅野和志社長、電086・440・0860)はブルーシートなど防災資材の生産工程で発生する生産ロスをトートバッグに再利用する取り組みを始めた。売上げの一部は瀬戸内地方の災害復興や防災・減災の基金として役立てる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン