萩原工業
避難所向けのパーテーション
折り畳み式で簡単に設営

2020年09月20日号

防災関係の問屋経由で発売

10月に発売する避難所向けのパーテーション

 合成樹脂繊維大手の萩原工業㈱(倉敷市水島中通1―4、浅野和志社長、電086・440・0860)は、簡単に設営できる折り畳み式の避難所向けのパーテーション「プライベート・メッシュ・ボックス」を開発、10月をメドに発売する。広げるとテントのようになり、災害時に避難所でプライバシーを確保するのに使えるという。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン