MASC
Ehang社製の空飛ぶ車を導入
航空分野への興味促す

2020年10月20日号

イベントなどに出展予定

倉敷市水島で保管する空飛ぶ車「EhangEH216」

    倉敷市内の企業経営者らが水島地区に航空宇宙産業集団を形成する目的の研究会「岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスターの実現に向けた研究会」(略称MASC、倉敷市中央2―13―3、桐野宏司理事長、電086・527・6268)はEhangHoldingsLimited(中国広東省、米国NASDAQ上場)製の人を乗せて空を移動する“空飛ぶ車”「EhangEH216」を導入した。近く同地区で試験飛行を目指すほか、地域のイベントなどに出展し、若者らに航空分野への興味を促す。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン