倉敷光作所
阿智神社斎館にカフェオープン
ものづくりの交流拠点目指す

2020年10月20日号

古い日本家屋を改修して活用

  あかりの創作グループ倉敷光作所(=くらしきこうさくしょ、倉敷市羽島、須山恭安代表、電090・3375・0464、kousakusho@kura.net)が運営する、ものづくり作家が集まるコワーキングスペース「阿智神社 斎館」(同市本町11-37)=写真上=に10月下旬、一般の人や観光客にも足を運んでもらおうとカフェがオープンする。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン