岡山市
バカンと協定を締結
災害発生時にリアルタイムで

2020年12月01日号

避難所の混雑情報を配信

バカンと岡山市が提携

 岡山市(岡山市北区大供1丁目1―1、大森雅夫市長)は、Iot、AIを活用してあらゆる空席情報を収集・提供する㈱バカン(東京都千代田区、河野剛進社長)と11月13日、岡山市役所本庁で、災害発生時における避難所の混雑情報配信に関する協定を締結した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン