2019年10月01日号

    東アジア文化フェスタが、10月14日〔月・祝〕の午後0時30分から、倉敷市芸文館(倉敷市中央)で開催される。
 テーマは、「となりの国々と 手をつなぎ 豊かな文化交流 芸術の祭典」出演は、村上彩子(ソプラノ)、劉 習韻(二胡)、蝦名宇摩・乙倉 俊(和楽器)、関西高等学校吹奏楽部、岡山朝鮮初中級学校(舞踏部・民族管弦楽部)、山上茂典(シンガーソングライター)とその一座、烏 紅霞、益田康記と倉敷ピースナイン。入場料は、一般2500円、高大生1500円、同伴小中生無料、当日は各300円増。要申込み。問い合わせは、倉敷コンサート仲間(電086・455・7800)へ。