釜本 二さん
M音楽S空間主宰
ギターカラオケで練習を

2017年08月10日号

かまもと つぐる
釜本 二さん(70)

尾道市美ノ郷町三成1998―2 KECビル2階
電080・1928・8778
https://www.office-ktk.jp

愛好者増やし活動盛んに

 このほど「ギターカラオケ」の教室、同好会、ボランティア演奏を始めた。ギターカラオケとは、カラオケ伴奏に合わせてギターでメロディを奏でることで、演奏者の間で愛好者が広がりつつあるという。ただ、楽譜に合わせたキーの調整が必要なので、初心者には難しかった。そこで調節した音源を用意し、好きな曲から演奏に挑戦してもらいながらギターの基礎基本が学べる教室を始めたという。「伴奏だけ弾いていてもあまり面白くないからと投げてしまう方が多い。私はギターが大好きなので、このやり方で愛好者がひとりでも多くなってもらえたら」と微笑む。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン