床屋ベース クロス
店長 小川忠
理容室の復権を目指す

2017年12月20日号

おがわ ただし(41)
「ファミリー割」が人気
福山市南蔵王町3―6―26―101
電084・926・1314
 理容室は男性用、美容室は女性用といったイメージがあるが、実は美容と理容では業務内容が明確に違う。男女の違いではなく、法律によって業務範囲が決められており、理容とは頭髪の刈り込み、カット、シェービングやそれに付随することなど、一方美容は、化粧、パーマなどにより容姿を美しくすること-だという。つまり、カットは本来理容の仕事なのである。最近美容室の進出が著しいが「理容師としての誇りを持って、理容室の復権を目指したい」と小川さんは胸を張る。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン