tulenote(=ツレノーテ)
代表大谷大輔さん
美味しい珈琲は豆が決め手

2018年08月20日号

自宅で好きな珈琲を楽しんで

おおたに だいすけ(53)
高梁市落合町福地2696
電0866・42・3366

tulenote3244@gmail.com

 兵庫県西宮市生まれ。自然農に憧れて自然卵養鶏を始めたが、病を得て廃業。高梁市成羽町吹屋のカフェで店主を務め、その後ワーゲンバスを使った移動カフェも営んだ。「たまたま神戸で購入した豆を自分で淹れたら美味しくて、この美味さを皆さんにも―と珈琲豆店を始めました」と笑顔を見せる。現在の店は昨年8月から。店は石垣の上にあり、草むした小径を上がっていくと急に視野が開けたように古い木造の建物が現れる。戦前に建てられた野趣あふれる古民家で、客席を増やすよう改装し、焙煎珈琲専門店として珈琲通の舌を唸らせている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン