さとう脳外科クリニック
院長 佐藤昂平さん
亡父の著書が10月発

2018年11月01日号

今年5月、院長に就任

さとう こうへい(33)

医療法人 啓樹会
福山市大門町3-28-43
電084・940・5855

 がんにかかり、1年未満の余命宣告を受けたら、残された時間をどう生きるかーー。穏やかな人柄と共に、優れた脳外科医として知られながら今年5月に享年64歳で逝った佐藤昇樹さんが執筆した「余命宣告を受けて考えた生の意味 膵臓がんサバイバーの医師」(文芸社刊、1100円=税別)が10月に発行された。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン