草戸千軒ビレッジ
会長 三谷干城さん
文学碑や看板などを設置

2018年12月01日号

明王院「歴史の広場」に

住民団体「草戸千軒ビレッジ」のメンバー。右端が三谷会長

みたに たてき(73)
福山市草戸町5-11-6
電090・8600・6830

 国宝・明王院(福山市草戸町)下に「歴史の広場」と名付けられたスペースがあるが、従来からある「明王院古地図」などの看板に加え、このほど、文学碑「草戸千軒とフィレンツェ」につづいて草戸千軒町遺跡について説明した看板が新設され、「福山のルーツとなる中世の歴史が分かる」と訪れる人に好評のようだ。設置したのは「草戸千軒ビレッジ」など地域の住民団体で、会長は三谷干城さん。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン