モロショク
代表 竹内裕樹さん
太鼓と漬け物で故郷PR

2019年09月01日号

天寶一の酒粕使う新商品

たけうち ひろき(35)

府中市諸毛町1431

電0847・49・0819

 府中市を拠点に活動する太鼓ユニット・我龍―garyu―(がりゅう)竹内孝志代表の実弟で、メンバーとして国内外で活躍。同時に、故郷の標高450mの高地・府中市諸毛町で、寒暖差を活かした“うみゃあ”野菜の生産から漬け物の加工・販売まで行う事業所を経営している。今秋には、福山市唯一の酒蔵「天寶一」の酒粕を使ったキュウリの粕漬けを、JA福山市が運営する「食と農の交流館ふくふく市」を中心に売り出す。200g入りで350円の予定。また、来年には同酒粕を使った奈良漬けもお目見えするという。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン