白石公民館
館長 天野正さん
桑の実や日本の原風景が好評

2020年09月10日号

地域素材を活かして活性化

あまのただし(75)

笠岡市白石島604―1
電0865・68・4519

 瀬戸内海国立公園「笠岡諸島」に浮かぶ「白石島」で、祖父の代から回漕業を営み、三洋汽船の代理店として人や物の文字通り橋渡しをしてきた。桟橋の老朽化から7年前に廃業し、港内の施設は笠岡市に寄贈。50歳代後半から続けてきた公民館長をはじめ、島の活性化に本腰を入れて取り組んでいる。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン