木之庄町中央時計台
福山市木之庄町5

2017年12月01日号

 
 1961年(昭和36年)に建造された福山市の住宅街・木之庄町のシンボル的な建物で、上部の赤色と柱部分の銀色の色合いが赴きを出している。交差点にあり、昭和40年代当時の新興住宅地だった久松台や向陽町への入り口の目印としても機能した。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン