4月の尾道市長選挙
前半戦から中盤へ
立候補予定者の動き活発化

2015年03月01日号

4月の尾道市長選挙

 4月26日〔日〕投開票の尾道市長選挙へ現職の平谷祐宏、元県議の吉井清介、広島大学院客員教授の後藤 昇3氏が名乗りを挙げた。尾道では1979年の博田東平、小出雍晃、小倉八郎各氏による市長選以来の「三つ巴戦」で、それだけに有権者の関心が高まっている。それぞれ事務所開きを済ませ、有権者へ政策を訴える語り口にも熱がこもってきた。序盤から前半、さらに中盤へと進んできた市長選の現況をリポートする。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン