4月26日執行の尾道市長選
正念場に差し掛かった各陣営

2015年04月01日号

4月26日〔日〕執行の尾道市長選は平谷祐宏(現職)、吉井清介(前県会議員)、後藤昇(広島大学院客員教授)の3氏が争っている。各陣営はこの時期を「中盤の山場」と捉えている。終盤へ向けて熱を帯びてきた戦況をリポートする。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン