尾道が松江、今治、松山に提案
商工会議所会頭の連携会議
尾道西山別館で初会合

2015年05月20日号

 今年3月「中国やまなみ海道」(中国横断自動車道尾道松江線)が全通して尾道ー松江両間は様々な分野で交流が深まると期待されている。尾道にあっては「しまなみ海道」の本土側起点として四国方面への玄関口にもなっており、瀬戸内から山陰を結ぶ自動車道の中間に位置している。こうした背景の中で尾道商工会議所の福井 弘会頭は松山、今治、松江の商工会議所会頭へ参加を呼び掛け広域連携会議を開いた。各地域の経済界を代表する会頭が語った「連携の在り方」についてリポートする。 西亀 悟

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン