前尾道市病院事業管理者
罷免取り消し求めた裁判(10)
4月21日結審、判決は8月4日

2015年06月01日号

前尾道市病院事業管理者
 前尾道市病院事業管理者の青山興司氏が尾道市(平谷祐宏市長)を相手に「罷免取消」を求めた裁判(事件番号平成25年行ウ第19号)は、広島地方裁判所(広島市八丁堀)で13年9月に始まった。1年半余に及んだ裁判は、関係者(6人)への証人尋問も経て今年4月21日結審した。回を重ねた裁判は大詰めを迎え、判決の日は8月4日〔火〕と決まった。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン