ワイド岡山
広がる海洋散骨
瀬戸内海に還る

2015年08月01日号

 散骨とは亡くなった方の遺骨を墓に納めず、粉状にして海や野山へ撒く葬送方式のこと。時代とともに死への意識が変化した上に少子化社会では墓の維持管理が困難という実状もあり、散骨を選択する遺族が増えている。

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン