前尾道市病院事業管理者
罷免取り消し求めた裁
一審は被告に軍配上がる

2015年08月20日号

前尾道市病院事業管理者

 前尾道市病院事業管理者の青山氏が尾道市(平谷祐宏市長)を相手に「罷免取消」を求めた裁判(事件番号平成25年行ウ第19号)は、小西 洋裁判長が「原告の請求棄却」と言い渡して幕を閉じた。青山氏は即日控訴して争いの舞台は高等裁判所に移されたが、一審での区切りが付いたこの時期に、原告・被告の明暗を分けたのはなんであったかを検証しておきたい。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン