尾道・三原の新庁舎建設
市民有志が撤回求める

2015年10月10日号

尾道・三原の新庁舎建設

 尾道、三原の隣り合う両市が新庁舎建設へ向けて最終段階を迎えている。かつて三原で反対運動が起きたように、尾道でも市民有志が計画の撤回を求めて決起した。三原はその運動の輪を広げていくことができたが、尾道はどうであろうかーー。「住民投票で市民の意思をハッキリ示したい」という市制始まって以来のチャレンジだけに多難の道のりが予想されるが、それもこれからの運動、展開次第で道が開けてくるかもしれない。県内でも希といわれる住民投票の行方をリポートする。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン