広島空港活かした街へ
問われる臨空都市の在り方

2015年11月01日号

広島空港活かした街へ

空港と鉄道の駅舎、そして港湾を擁する三原市は空・陸・海の交通の要衝として恵まれた環境にあ
る。しかしそれを経済、文化、観光の発展に活かし切っているとは言い難く「宝の持ち腐れ」とな
っている感が否めない。そのポテンシャルをさらに高めていくにはどのような施策が望まれている
のか。今回は広島空港にフォーカスを当て、以後新幹線と呉線を擁する三原駅、市の中心市街地に
隣接する三原港の在り方などについて、各方面で取材した内容をリポートする。 西亀 悟

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン