臨空都市三原市の在り方?!
空港ビルとの関わり 深める

2015年12月01日号

臨空都市三原市の在り方?!

 この特集は「空港へのアクセス網の点検整備」に始まり「航空路線の継続と開拓」「訪日観光客の受け入れ体勢」と回を重ねてきた。「臨空都市」をテーマとしたこの連載で外すことができないのが「空港ビル」についてであり、知っているようで知られていない内部機構について取材した。このビルは県が出資する第3セクターによって運営管理がなされており、国が推進する「空港民営化」の潮流の中で、どのような改革に取り組んでいるか興味深い。合わせて、今年4月に創設された免税店に関する新制度が、臨空都市にもたらす波及効果についてリポートする。  西亀 悟

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン