臨空都市三原の在り方は?地域との連携深める振興策(5)

2016年01月20日号

三原市が属するこの地方は広島県東部あるいは備後、尾三地域と称され、近接する地域間で様々な交流事業が展開されている。だが三原市にはもう一つ「広島臨空広域都市圏」と呼ばれる中での顔があり、関係市町と空港を核とした振興策について協議を重ねている。しかし、これまでの協議会の営みを取材するとメリハリのない施策を繰り返し、漫然と
月日を過ごしてきたようにもみえる。三原市が「臨空都市」と称されるのに相応しい、実のある都市となるためにどのような策が望まれているのかについてリポートする。
(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン