尾道・三原の新庁舎建設
工事一歩踏み出す(7)

2016年07月20日号

 尾道、三原の隣り合う両市が新庁舎の建設へ一歩踏み出した。尾道は庁舎建て替え用地となる公会堂の解体に着手。三原も工事の前段階となる駐車場確保のため既存庁舎に隣接する植樹帯の撤去を始めた。前者は公会堂解体について市民団体から猛反対があり、後者も当初計画された駅前ーの移転でコンセンサスが得られず既存敷地内に建て替えることになった。紆余曲折あったが、とにもかくにも着工へ向けて賽(さい)は投げられ、後戻りすることはできない。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録 ユーザーログイン