三原駅前の在り方は?
図書館核に複合施設建設へ

2017年02月10日号

 三原市(天満祥典市長)においてJR駅前の空き地(ペアシティ東館跡地)の活用をどのように図るかが市井の関心事となっている。これまで「現況の広場のまま残したい」「駅前に相応しい高機能のビルを建てるべき」等々、様々な意見が交わされてきた。こうした背景の中で、市(行政)は「図書館を核とした複合施設」の開設を目指し、これに対する市民からの意見(パブリックコメント)を2月1日から同23日〔木〕までの期間募っている。それを得て最終的な計画をまとめ「今夏にはこの計画に参画する事業者を募りたい」としている。(西亀 悟)

このコンテンツは購読会員向けサービスです。

記事をご覧になりたい場合は、経済リポート「年間、半年購読契約」が必要になります。

購読会員の方は下記の「新規ユーザー登録」を済ませてください。

※登録方法が分からない方は、弊社・経済リポート(Tel:084-931-2000、月〜土10:00〜17:00)までご連絡ください。

新規ユーザー登録